神楽坂散歩 ブログテーマ:街並み

坂棒(?)コレクション第2弾 [街並み]

 written by 偽カロリ 投稿日時:2007/05/07(月) 18:39


>>「神楽坂」「袖摺坂」などの第1弾はこちら


  
今回はこの逢坂、軽子坂、赤城坂の坂の名前の棒です。
(私は勝手に「坂棒」と呼んでいます^-^)

前回ご紹介した坂も含めて、難所No.1が逢坂だと思います。ほんとにキツイ勾配の坂です。
特に坂の名前も知らぬまま、通る度にぜぇぜぇ息を切らし、
二度と通る機会がなければいいのに、、、と思っていました。

が、ですよ、今回、この坂棒写真を撮ることができ、ちょっと見方が変わりました。
ロマンティックな由来No.1もこの坂に捧げたいと思います。伝説ですよ、伝説!

軽子坂も江戸時代の生活が垣間見れるようなイメージをそそる由来なんですねぇ。
それに引き換え、赤城坂のそっけないことと言ったら・・・。

※各坂の由来については前回と同様、それぞれの写真をクリックすれば確認することができます。

坂だらけ神楽坂 [街並み]

 written by 偽カロリ 投稿日時:2007/04/12(木) 18:55

    
この棒の名前を知らないのですが、、、神楽坂周辺には坂の名前と由来が書いてある棒が坂の途中に立っていたりします。今まで何度も通っていた道なのに、ネタを探して歩いていると意外にたくさんコレクションすることができちゃいました。


 

袖摺坂は由来の説明にあるように、確かに狭い。。。
※各坂の由来はリンクしている画像の説明に書いてあります。

どこに立っているかは地図にプロットしません(っていうか、方向音痴のため、厳密にどこに立っているのか地図上に再現することができません(^^;))ので実際に探してみてくださいねー。

上り下り神楽坂 [街並み]

 written by 偽カロリ 投稿日時:2007/04/09(月) 15:23

この写真は神楽坂下から撮った神楽坂です。これが午前中の写真か午後の写真かわかりますか?


正解は、車が下って来ているので午前中です!


神楽坂は「時間で方向の変わる一方通行の道」なのです。午前中は坂上→坂下の一方通行、午後は坂下→坂上に向けての一方通行、、、そして12時~13時は車両通行止めです。歩行者天国というよりは、切り替えのためでしょう。

この時間式の一方通行、タクシーの運転手さんに聞いた話では、某首相が自宅から国会議事堂に通うために決めたとのウワサ。(ちなみに、「自宅」ではなく「神楽坂の上の方に住む愛人の家」という説も聞いたことがあります(笑))

「へぇ~、そうなんですか」と言うと「そうだよー、タクシー運転手はみんな『角栄通り』って呼んでるよ」と得意気に教えてくださいました。(某首相って伏せた意味ないし。。)

調べてみたら、真偽のほどは確かじゃないようです。本当にあり得る、、、いや、あっていいのか?みたいな微妙なラインの話ですね。

泉鏡花旧居跡 [街並み]

 written by 偽カロリ 投稿日時:2007/04/02(月) 14:29

今日、ランチの帰りにガイドブックを片手に神楽坂観光をしてらっしゃる方に
「泉鏡花旧居跡はどこでしょうか?」と聞かれてしまった。

(あぁ、方向オンチの私に道を聞いちゃうなんて・・・。何?何跡地って??)
と思いながらガイドブックに描かれた地図を見てみると、知ってる道上には
あるみたい。でも、そんなガイドブックに載っちゃうような建物は見た覚えがない。

「あー、もっと坂の下で細い脇道に入ってください」とはっきりとはわかってないまま
教えてしまいました。。。

ごめんね。カメラ仲良し3人組さん。


調べてみたら、やっぱりいつも朝通ってる道。
見つけられたら写真を撮ってきます!

人出の増えた神楽坂 [街並み]

 written by 偽カロリ 投稿日時:2007/03/29(木) 15:22

例の神楽坂を舞台としたドラマの放映以後、確実に人出の増えている神楽坂。
桜の季節は通常でも人出が増えると、あるお店の方がおっしゃっていたので来週いっぱいくらいは更に人が増えるんだろうなぁ。

神楽坂のランドマークと言えば、毘沙門天ですね~。

<< 2019年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30